カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

この「鳴り」でこの価格。当店オリジナル「ABS樹脂製楽器」

 雅楽を始めた方がお悩みになることの一つが楽器選び。竹製の「本管」は、一管一管が個性的で、一つとして同じ品物はありません。だから、見極めには楽器を吹きこなす技量が必要です。しかも高価なものですから、購入にはよほどの決心がいります。
 そこで初心者の方にお勧めしたいのが、樹脂製の雅楽器、通称「プラ管」です。プラ管のメリットは、楽器に当たり外れのないところ。樹脂を流し込む型が、名管を元に作られているので、息の入り具合、音のバランスも「バッチリ」とご好評いただいています。
 値段も龍笛が5250円篳篥が4200円などとリーズナブル。
 これから雅楽をお始めになる方は、まずはプラ管を使って正しい演奏技術を身につけ、そののち、お気に入りの本管をお買い求めいただくのがオススメです!

一味違う元祖「プラ管」!


 このプラ管、実は当店が、35年前、とある楽器製作会社と共同で開発したオリジナル商品です。開発当時は楽器職人の不足と物価の高騰で、いい楽器が手に入りにくく、その状況を何とかしようと一念発起して生まれました。  開発に際しては、樹脂を流し込む金型の作製に苦心し、名工の本管を犠牲にしたこともありましたが、いまでは他店からも同じようなものが売り出されるようになりました。
 しかし、当店のプラ管は、樹脂の中でも硬度の高いABS樹脂を使用し、さらに竹の繊維に近づけるために樹脂に発砲剤を混ぜるなど、常に改良を続け、進化し続けています。


●鳳笙樹脂管 飛鳥

●篳篥樹脂管

●篳篥樹脂管(桐ケース付き)

●龍笛樹脂管

ページトップへ